日本人が好む音楽とは?

20世紀までの日本は、鎖国によって世界の動向とは無関係のかなり孤立した状態でした。独自の政治システムを保ち、何千年もの長い伝統を誇りながらも、国際的な関心はかなり低いものでした。そのような状況が社会全体に与えた影響にはマイナス点もあり、それが現代にも少なからず影響していると考える人もいます。

 

しかし、いわゆる孤立した状態でしか生まれなかったようなアイデアをもたらした部分もあります。具体的に述べると、日本の音楽ジャンルの多様性は他に類を見ないものであり、どんな音楽ファンでも自分の好みに合ったものを見つけることが可能です。何世紀にもわたって、日本人は様々なスタイルを確立してきましたが、その中には唯一無二なスタイルも見受けられます。

 

その全バリエーションを挙げるとかなり時間の時間を要するため、リストの読み上げに集中するよりも、国内外で数百万人のファンを惹きつける最も人気のあるジャンルのみを選びました。そういったジャンルの中には、若い世代全体に大きな影響を与えたものもあり、この傾向は今後も継続するのではと考えられます。

伝統的な邦楽

最古の日本の伝統音楽には雅楽などがあります。最古の記録とされているのは、初期の仏教寺院に由来したもので詠唱と呼ばれています。しかし、雅楽は中世の宮廷音楽から発展したもので、琴(ハープに似た13弦の楽器)や尺八(竹一本の管楽器)などの楽器があります。

 

伝統邦楽は最近ではテレビであまり見なくなりましたが、人気がなくなったわけではありません。年配の方や、特に日本の伝統を愛する人々に根強い人気があります。この種の音楽が定期的に演奏される伝統的な劇場は、多くの聴衆を魅了しています。

現代の邦楽

現代音楽といっても、日本ではジャズ、演歌、第二次世界大戦後の西欧よりもたらされた音楽を多彩に組み合わせたものを指します。単純に演歌と呼ぶ人も多いですが、その代表的な歌手の一人に氷川きよしがいます。演歌はあらゆる年齢層から数えきれないファンを魅了し、テレビやラジオでもよく耳にします。

ジャパニーズロック

日本のロックシーンは世界と同様に発展を続けてきました。1960年代に登場し、1980年代後半に最盛期を迎えました。このジャンルは日本でまだ広く普及しており、国際的に活躍しているアーティストも多々存在します。代表的なものとしては、X-Japan、Luna Sea、Malice Mizerなどがあります。

ジャパニーズポップ

1990年代に登場して間もなく、J-POPはかつてないほどの人気ジャンルとなりました。瞬く間に若者を筆頭とする主流のライフスタイルとなり、嵐、宇多田ヒカル、浜崎あゆみ、NEWSなど、最も影響力のある有名人が登場しました。彼らのヒット曲は欧米の音楽チャートでも上位にランクインすることが多く見られます。